冷え性改善方法とは?サプリ、漢方など食品以外にも簡単に出来る方法

冷え性改善方法とは?サプリ、漢方など食品以外にも簡単に出来る方法

冷え性改善方法とは?Tea Party Brief、サプリ、漢方など簡単に出来る方法

 

体の冷えを気にした事はありますか。
特に女性に多く見られる冷え性ですが、大きく3つのタイプに分ける事が出来ます。
タイプ別に症状と対策を見ていきましょう。

 

まず、外から冷えるタイプの冷え性です。
冷房や外気の影響を受け、体の中心部のみが熱を持ち表面が冷える状態の事です。

 

 

首の後ろに寒気を感じる人はこのタイプの典型的な症状です。
毎日お風呂にはいるなど、汗をかく行為を続け、冷えを解消することが重要です。

 

 

次に、中から冷えるタイプです。
冷たい飲料を摂りすぎる事で起こるこのタイプの冷え性は、夏バテと同じ症状と言えます。

 

 

下痢や食欲減退を引き起こしたり、アレルギーの原因となることもあるのです。
冷えた飲料を水道水に5分ほどつけてから飲んだり、トウガラシを使った料理を食べて中から温めるのがオススメです。
最後に、冷えが病気の原因となるタイプです。

 

 

平熱が36度以下の人に多く、夏場でも手足が冷える症状が代表的です。
漢方薬を服用したり、カイロを利用するなど体を冷やさないようにすることが大事です。

 

病気を予防する為にも、しっかり冷え性対策をして健康な体を保ちたいですね。

 

また、冷え性とは一般的に、体の末端が冷たくなり特に
冬に悪化するものと思われがちです。

 

その上症状があるのは女性ばかりだと思っている方も少なくありません。
しかし冷え性は男女ともに一年中注意をしなければならない症状なんですよ。

 

先ほど述べた冷え性のタイプ別に起こりやすい病気を3つのタイプに分けてご紹介しましょう。

 

まず外側から冷えるタイプです。
体の中心は熱を持っているのに表面は冷えてしまうというものです。

 

このタイプは動悸、腹痛、頻尿などを引き起こすので更年期障害や
自律神経失調症と誤認されやすく冷えが原因だと気づきにくいのが特徴です。

 

お風呂やサウナで体を温め表面の冷えを取り除くことが大事です。
次に内側から冷えるタイプですが、これは冷たいものを
飲みすぎた時に起こる夏バテの症状と同じです。

 

冷たいものばかりを口にし肺を冷やしてしまうことで、
秋のアレルギーの原因になる傾向があります。
暑いからと言って冷たいものばかりを口にするのは避けましょう。

 

最後に、冷えから病気になるタイプです。
冷えを感じている人の中には、冬場だけでなく夏場も同様の
症状に悩まされている人がいます。
この症状は実はリウマチや膠原病に繋がる危険性があるので注意が必要です。

 

このように、冷えが原因で起こる病気はたくさんあります。
単なる冷え性だからと甘く見ずに、改善できるよう対策をする事が
自分の身を健康に保つ第一歩です。


黒酢足湯 TOP 隠れ冷え性とは?